ポン・デュ・ガール

卓越した橋の歴史

ポン・デュ・ガール、2000年の歴史 ポン・デュ・ガールは、1世紀に古代ローマ人によって建設された水道橋です。高さ49メートルで世界一高い古代の橋となる、稀に見る規模の大きなものです。3列のアーチを重ね合わせた構造(1階には6つのアーチ、2階には11のアーチがあり、最上階には当初47のアーチがありました)になっていることも、

プロヴァンス地方の自然の景勝地

時間を超越した場所の豊かな魅力 類まれな規模の水道橋で主に知られているポン・デュ・ガールの景勝地は、それを取り巻く自然環境の美しさと多様性でも有名です。独自の鉱物世界の中で、石と水と地中海の植物が瞑想にふけるのに打ってつけの景観を形作るこの場所には、独特の雰囲気が漂っています。 地中海ならではの風景、ガリッグ

文化イベント

活気のある場所 歴史と思い出に満ちたこの場所に活気を与えるために、ポン・デュ・ガールでは充実した文化イベントがスケジューリングされ、毎年次第に多くの人が集まるようになっています。音と光と花火のスペクタクル、展覧会、音楽祭、サーカス、 演劇・ダンス、楽しいイベントやおいしいイベント…。季節につれて、この景勝地とモニュメントをにぎわせるイベントが目白押しです

カルチャー情報を見る

ミュージアム
シネマ
「LUDO」
「MEMOIRES DE GARRIGUE(ガリッグの思い出)」